改正民法が不動産業界に与える影響とは?【特集】|雑誌誌面掲載・提案・制作事例【その道のプロ】不動産賃貸経営博士の情報誌「大家倶楽部」

改正民法が不動産業界に与える影響とは?【特集】|雑誌誌面掲載・提案・制作事例【その道のプロ】不動産賃貸経営博士の情報誌「大家倶楽部」

PORTFOLIO
制作実績
 
改正民法が不動産業界に与える影響とは?
  • ― 特集 ―
  • 管理会社
  • 入居者募集
  • 空室対策
2018年春号掲載
『根保証契約』 と 『連帯保証契約』
【平成29年6月2日に債権法の改正を主たる内容とする改正民法(以下、単に「改正民法」といいます。)が公布されました。そして、同年12月15日の閣議決定によって、改正民法の施行日が平成32年4月1日に正式に決まりました。
端的にいえば、例えば、改正民法は、賃貸業における連帯保証契約に大きな影響を与えます。
大家さんの皆様も、賃貸借契約を締結する際、連帯保証人との間で連帯保証契約をするかと思いますので、改正民法の施行前に準備をしておかなければなりません。そこで今回は、保証契約に焦点を当てて解説したいと考えています。…[誌面を見る]


【特集】2018年春号掲載